このページでは、JavaScript を使用しています
TOPページ > 環境への取り組み > 環境方針

環境方針

基本理念

大学生協東北事業連合は、東北各県の大学生協を会員生協とし、商品の共同仕入等の委託業務を通じて会員生協の発展に貢献すると共に、大学への貢献と組合員のよりよいキャンパスライフの実現を使命としています。

私たちは、環境活動が事業活動や組合員活動の基礎的な課題であるとの認識にたち、活動・製品及びサービスにおいて、環境への影響の大きい事項について技術的かつ経済的に可能な範囲で目的・目標を設定し、定期的に見直すとともに継続的改善と汚染の予防を図ります。

基本方針

  1. 環境関連の法規制、条例、その他受け入れを決めた要求事項を順守します。
  2. 大学生協東北事業連合が関わる商品選定、商品開発において、原材料の加工から会員生協への納品、廃棄まで環境に配慮した事業活動をすすめます。
  3. 環境負荷を低減し、環境に配慮した事業活動をすすめます。

    1) 二酸化炭素(CO2)排出量削減のため、電気・ガスの使用料削減、廃棄物の削減を図ります。

    2) 環境に配慮した物品の購入を積極的にすすめます。

  4. 会員生協の環境配慮事業を支援します。

    1) 会員生協の店舗改修、機器類購入等にあたっては、環境配慮型の提案を積極的に行ないます。

    2) 会員生協のグリーン購入の取組みを支援します。

  5. 会員生協や大学生協をとりまく組織への環境に関する情報提供をすすめ、環境活動や環境マネジメント構築を支援します。また、会員生協組合員の環境問題への関心に応える取組みを東北ブロックの学生とともに支援します。
  6. 東北事業連合は、この環境方針を内外に公表するとともに、全職員の環境方針の理解と環境に関する意識の向上を図ります。

2013年12月16日
大学生協東北事業連合
専務理事 戸田 俊浩